ケノン本体を公式サイト以外で買う場合の注意点.

カートリッジを追加で単品購入するためには、ケノン公式販売元(エムロックグループ)に本体の購入履歴があることが条件です。
 なので、この購入履歴を残すためには、必ず「ケノンの正規品」を買う必要があります。

ケノンの正規品を変えるネットショップは、Yahoo!、楽天、mixi、ポンパレ、Wowma(旧”DeNa”)、Amazon(2016年6月より販売開始) などです。
 いずれも、公式販売元であるエムロックグループと同系列の会社アローエイトが管理・運営を全て出がけています。

ショップによって値段とかサービスに違いはあるの?

これからケノンを買おうと考えている人、もしくは すでにケノンを愛用しているケノンユーザーにとっては、コレが一番気になるトコロではないでしょうか。

 ですが安心してください。
エムロックグループが販売する ”ケノンの正規品” が、それぞれのネットショップによって 本体価格が違っていたり、サービス内容にバラツキがあったり と言う様な事は一切ありません。

なぜなら、そもそも「ネットショップでしか買えない」と言う所に全ての理由が集約されています。

ネットショップオンリーという販売方法でのメリット.

⒈「価格のバラツキ・サービス品の統一」による公平性.

販売価格がお店によって違ったり、サービス品がそのお店の采配で変わったりすると どうしても「不公平」感が生まれてしまいます。それでなくても、買う時期や年度によって生じる価格差の不公平感は大きいもので・・ まあユーザー側としては、「電化製品には付きもの」ということで割り切って考えないとやってられないわけですが…

 せめて 買う時くらいは、全ての販売価格・サービス品を統一することで、公平性が生まれるので 会社自体の信用度がUPします。

2. 品質・安全性の維持.

ケノン正規品をキチンと売り、顧客に管理をし アフターサービスを徹底することはケノンの品質を維持する事につながります。

 ケノンの部品は大手メーカー限定のものなど、特殊な部品も使われています。修理場所を統一する事で 粗悪な部品が使われる事なく、また修理場所を1箇所に統一することができます。

3. 顧客の管理が行き届く.

ネットショップでの運営・管理を1社が引き受けることで、あちこちバラけることなく顧客管理がしやすくなり、オプション品の販売時には即座に対応することができます。