VIOラインにオススメのカートリッジ &最適な照射レベルについて.

家庭用脱毛器人気No1!と言われる『ケノン』でVIOラインの脱毛はできるのか!というよりも、そこそこの大金を投入して購入した家庭用脱毛器ですので「できればVIOを含む全身の脱毛を1台でまかないたい!」と思うのは当然で、「出来るハズ」「出来るべき!」だと思うわけです。

ですが、家庭用脱毛器のメーカーは基本的には、”Vラインの脱毛はOKだけどIラインOラインの処理はNG” としているところが多く、ケノン販売元メーカーであるエムロックも例外なくそのような規定になっています。

I,Oラインの処理をするのであれば、あくまでも「自己責任」においてであればOKということです。
そういうことであれば・・「やっちゃいましょう!」というんで、たくさんの皆さんがVIOラインの処理報告ブログやサイトを立ち上げています。

で、今回この「ケノンカートリッジ購入サイト」でも、ケノンでvioラインを処理するにあたっての最適なカートリッジの選択と処理方法などを詳しく解説しておきたいと思います!

ケノンでvio脱毛するときのオススメカートリッジはどれ?あと照射の最適なレベルについても知りたい!

ケノンでvioラインの処理をする際、もっとも適しているカートリッジは?ということで、オススメは・・「プレミアム」「ラージ」「ストロング」の3点です。

VIOラインはとにかく凹凸の激しい部位ですので、出来るだけ照射範囲が小さく狭い部分にまでこまめにフラッシュを照射することができるものが望ましいのです。

ケノンの旧バージョンで「スリムカートリッジ」が標準だった頃のタイプをお持ちの方は、今は廃盤となった ”スリムCT” もvioに適したカートリッジのひとつとして使用可能です。

ちなみにスリムCTは2015年以前のケノンで標準装備されていたカートリッジで、照射面積はストロングCTと同じ4.5㎠。カートリッジ自体は公式販売サイトではすでに買うことは不可能ですが、ヤフオク!などで中古品・新古品としてたまに出品されていることがあります。

|vioの処理に最強なカートリッジは『ストロングCT!』

上記の3点の中でイチバン照射範囲の狭い小回りがきくカートリッジは「ストロングCT」の4.5㎠。vioという剛毛かつ密集して生えているしつこい毛にはモッテコイのカートリッジがもっとも適しているということに!

ただこのカートリッジを使うことは、それなりの「痛み」にも耐える覚悟がいるということ。特にIライン・Oラインへの照射には極力低いレベルからの照射でないと無理でしょう。

ですが、vioのように剛毛でシツコく密集している毛質の部分では多少の痛みを我慢してでも、ちょっと強めのフラッシュでないと脱毛効果には結びつきにくいという現実があります。あまり過保護に、痛みを避けるような低いレベルで照射し続けていたら、いつまで経っても毛量が減ることはないでしょう。逆にカートリッジの無駄使いといえるかもしれません。

|vioの処理に効果が出る照射レベルは?

vioラインの処理で脱毛効果が期待できるオススメの照射レベルは「5」〜「8」です。ですがvラインはまだ我慢できるとしてもiラインやoラインなど超絶に皮膚が薄くデリケートな部位では、よほど慣れないとキツイレベルです。

iライン・oラインへの照射は絶対に!レベル「1」からの照射を徹底してください!

○ 照射し慣れているからといっても、いきなりのMAXレベル「10」での照射はNG!

「自分はもう何年もケノンで脱毛処理してきたし、効果が出る照射レベルも把握してる!」からといって、超デリケートゾーンであるi・oラインにいきなりMAXレベルの照射をするのはやめましょう。

いくら慣れているからといっても、その日の体調や照射する部位の状態を確認せずにいつも通りに処理をするのは危険です。体調によってはひどく痛みを伴う場合の時もあるということを認識しておくべきです

ヤケドや炎症などの肌トラブルが発生してしまうと、それこそ脱毛処理を一時的にも中断せざるを得なくなり脱毛完了時期が遅れる原因になります。

家庭用脱毛器での処理はとにかく安全に肌トラブルを極力避けることが重要。無理のない照射レベルで無理のない判断をしつつ無理のない脱毛計画で実施しましょう!

|痛みの緩和には連射機能を使え!!-痛みを調整できる照射モード切替機能とは-

ケノンでは痛みの度合いによって照射レベルを調節できるというのは先ほどから解説していますが、照射モードも変更できるというのも忘れてはならない重要な機能です。

『照射モード』というのは、フラッシュの発射を1回ではなく複数回に分けて照射できる「モード切り替え」のこと。通常はボタンを1回押すごとにフラッシュが1回照射されますがケノンの場合、1回・3回・6回とフラッシュ回数を分けて照射ができる機能が搭載されています。

照射レベルを設定したものの それでも痛みに対して不安がある場合に。1回のフラッシュではなく、よりソフトに肌に照射される ”分割フラッシュ照射” とでもいいましょうか・・ 3分割照射や6分割照射が選べるようになっているのです。

○ 痛みを極力和らげたいのなら『6連射』がオススメ!

「6連射なんてしたらさらに痛みが増すのでは?」と思えるかもしれませんが、あくまでも「分割」であって同じ出力の光を6回連続で照射するわけではありません。

たとえば、レベル10の出力だったら、1回に照射される出力レベルは6分の1に分割された光を6回に分けて照射するということ。1回の照射パワーが弱まる分、脱毛効果には若干影響はありますが、痛みの軽減にはなります。

○ 「脱毛効果」を重視するなら断然単発1ショットがオススメ!!

連射モードは確かに痛みの軽減にはなりますが、脱毛効果的にはマイナスですし、カートリッジ自体の消耗にもつながるので実はあまりお勧めする機能ではありません。

「脱毛効果」を重視するのであれば、断然『単発1ショット』がオススメです!
もっというと、MAXレベル「10」での強力1ショットがオススメです。

基本的に、ある程度の痛みは処理前後の冷却を徹底的におこなうことで回避できます。

vioの部位別照射レベルの参考数値.

では「ストロングカートリッジ」を使ったvioラインの脱毛処理の照射レベルを、それぞれvライン・iライン・oラインの部位別に掲載しておきます。

表示レベルは脱毛効果が実感できる可能性のある最低レベルになります。この数字以上であれば確実に脱毛効果は期待できると思いますが、「痛み」との相談になります。

基本的には、設定は必ず手動モードでレベル1から徐々にあげていくかたちを取りましょう!

【vライン】

《オススメ照射レベル;5〜7》
vioラインの中でもvラインは鏡を使わずに、目視確認ができるので比較的照射がしやすく、処理も簡単な部位です。

照射レベルも他の2部位と比べると、少々高めでも、冷却しつつの照射でなんとか我慢できる程度ではないでしょうか。慣れてくるとレベル10でも大丈夫というようになることが多いです。

【iライン】

《オススメ照射レベル;3〜6》
iラインへの照射は、超デリケートゾーンだけに特に注意が必要です。ストロングカートリッジだとレベル1でも無理!という人もいるくらいですので、できれば試し打ちなどを事前におこなって、ストロングCTが無理なようであればラージCTやプレミアムCTに変えるなどしましょう。

この部分は、鏡があっても非常に処理しにくい部分です。しかも大半の人が黒ずみなどの色素沈着を起こしていることが多い部分ですので、余計痛みを感じやすくなっています。毛根よりも皮膚のメラニン色素に光が反応してしまうため、たとえレベル1の照射であっても痛みを覚えるのです。

【oライン】

《オススメ照射レベル;3〜6》
oラインもiライン同様にとても痛みを感じやすい部分です。やはり照射する前には事前に試し打ちをして状態を確認しておくことを忘れずに。

またoラインは事前のシェービング処理も難しい部分です(iラインもそうですが)。シェービングがきちんとできていないと、これまた「痛み」に繋がります。鏡を駆使してしっかりとチェックしながら剃り残しがないようにシェービングをしてから照射にのぞみましょう!
 
 
ケノンでは基本的にi・oラインの処理は推奨していません。ですが、公式サイトではしっかりとオプション品の販売の中にiラインシェーバーなどが売られています。

やはりこのことからも推奨はしていないけど、「するならしてもいいよ」的な雰囲気を感じます。

実際にケノンでVIOラインの処理をした人の口コミを見てみよう!

実際にケノンでvio脱毛をしている人はかなりいるようで、ここで実際にケノンでvioの処理をしている人の口コミをいくつかご紹介しタイト思います。

∠ VIO全てにケノンを使用。レベルはvが8、i,oが7。それほど濃い方ではなかったので2ヶ月半くらいでほとんど処理完了となりました。i,oはちょっとビビりましたがトラブルもなく無事終了。見えにくいので打ち難いですが持ち方を工夫すれば問題なし。すっきりスベスベ爽快です。

∠ 脇・腕・足は脱毛エステサロンで処理しましたが、アンダーヘアだけは恥ずかしくてどうしてもできませんでした。悩んで悩んでたどりついたのがケノンです。使用感はサロンと同じく痛みもなくいい感じです。期待しています!

∠ 夏に向けてアンダー(VIO)に挑戦中!追加料金なしで脱毛し放題の有難さを実感。レベル7でやってますが、冷やしながらやれば痛みもありません。Vラインのチクチクがなくなって幸せです。

∠ まだ1回目ですが、太ももとvラインの生える速度がとてもゆっくりになりました!あと、カミソリで剃るとどうしてもチクチクして嫌だったのですが毛先が柔らかくなってびっくりです。このままのんびり続けていこうと思います。

∠ 自己責任ということで最初は不安感もありましたが、照射4回目(2ヶ月目)くらいから効果が出始め徐々に剛毛だった毛が柔らかくなり、ショーツをはいていても毛の膨らみが目立たなくなったしチクチクしない!実際の見た目もかなりムダ毛が減って大満足です!

というように口コミでもその効果のほどが伺えます。

ケノンでのvioラインの脱毛は確かに多くのリスクを伴いますが、やってしまえばコチラのもの!アレコレ迷っている間に実践あるのみです。